ほこたてつうしん

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 花は桜木 人は武士

今日は沖田総司が亡くなった日(今の暦では違うけど)なので、都内の新選組所縁の地を巡ってきたよ。知り合いによると女子は一生に一度は新選組(及び沖田総司)にハマるらしい。わたしはつくづく普通だなあ。自分の「普通」が愛らしい。愛したい。


沖田総司終焉の地と言われているのは2説あって、こないだ行った今戸のほか、有力なのが千駄ヶ谷。代々木から総武線で千駄ヶ谷下車、大京町交差点の歩道橋から見える風景。


「植木屋の平五郎宅の納屋」は川沿いにあったらしい。わりと古い池尻橋の跡。


総司が見てたかもしれない川は小さな公園に。寝そべるきりんにドクダミとヒメジョオン。


さて次は大江戸線で牛込柳町へ。ここは、上洛前の近藤・土方・沖田らが一緒に過ごした試衛館があったところ。山南・藤堂らの運命を思うと泣けてくる。


この稲荷神社は350年の歴史があるらしい。変わらないものもあるんだね。


大江戸線→副都心線→埼京線と乗り継いでたどり着いた板橋駅前には勇さんのお墓。


勇さんの印象は本によってちょっとずつ違うけれど、武士に憧れて、最後まで武士たらんとした愚直な人だったのかなーと思う。


何かを為している最中、何が正しいのかなんて後の世にならないと分からないよね(今でも分からないし)。でも、人の心に残ることができたから、こうして歴史に名を刻んでるんだろうね。


ここに近藤・土方のお墓を作るため、八っつぁんが尽力したらしい。袂を分かったことを後悔しただろうし、昔を思い出して泣いた夜もあったんだろうな。切ない。


土方副長は今の基準でもかっこ良すぎる。大本命の専称寺にはまた来月(結局行くのか)。

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の日記

カテゴリー

プロフィール

miyuki

ミユキ

「ほこたてつうしん」 は、任天堂とガンダムをこよなく愛するミユキの日記、だったのですが、さいきん山歩きと少女マンガのことが多いかもです。スヌーピー、ギズモ、クルテク、チェブラーシカ、犬や猫と遊ぶことも大好き。日記のタイトルはそのとき聴いていた音楽や読んでいた本から取っていて、本文とは無関係だったりします。メールはこちらまでお願いします。

RSSフィード

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。