ほこたてつうしん

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 君子危うきに近寄らず

ジャンプ連載漫画の打ち切りは続く。「サラブレッドと呼ばないで」に続き、今週号では「神撫手」が犠牲に!どの連載でもそうだけど、広げまくった大風呂敷を最終回で畳みまくるのを見るのが好きだ。意味ありげな登場人物や張り巡らせた伏線に一応の決着をつけ、どこまで見苦しくない終わり方にできるか。そのまとめ方にこそ作者の力量を感じる。そして踏ん張れよごっちゃん。
↑渋谷地下鉄構内にて稲垣マリオ発見。盗まれると罰金とかなんとか。

Nステの「日本の文化遺産?ファミコン」特集をうっかり見逃していたんだけど、動画をもらって見ることができた。内容は、あたしもこないだ行ってきた「テレビゲームの展覧会レベルX」の会場レポートと、宮本さんへのインタビュー(「(スーパーマリオを例に)やってみたことについて何か答えが入っているというやりとりが、作り手とお客さんとの間の信頼関係を生んだり、裏切ったりしながら遊びを作っていく」)、糸井さんへのインタビュー(「(マザーを例に)あんなにユーザーとして一体化してしまう経験ってなかったんですよ」)、当時の子供たちの盛り上がり(ゲームが上手いというだけでクラス中から尊敬された)、高橋名人の当時と今(「僕たちが火を大きくしたんじゃなくて、子供たちが火を大きくして、それにヘタしたら僕たちが巻き込まれていったんじゃないか」)、アキバ「レトロゲームフレンズ」に来ているお客さんの声(「思い出の買いあさりってやつですかね」「あまりリアルじゃないってのが気持ちがこもる」)、などなど。ゼルダ、マリオ、マザー、FFな音楽も良かった。相変わらず宮本さんはステキだわぁ(n‘∀‘)η

エンディングまで泣くんじゃない(※リンク先おもしろフラッシュにつき音声注意)
何だかいろいろ大変なので「エイトメロディーズ」で乗り切ろう。フライングマン助けて!

マザー プレイ日記
キャプチャ入りで面白そう。後で読んでみようっと。

「コンティニュー VOL.13」の表紙は高橋名人×中村くん!
特集は「20th Anniversary 僕たちの大好きなファミコン100」。みうらじゅん・ピエール瀧・大貫亜美・黒沢清が「私とファミコン」について語る、って、黒沢清!

スピリッツの新れんさい「ルサンチマン」(花沢健吾)がヤバげ。30歳・素人童貞な主人公がギャルゲ内で理想的な女の子と恋に落ちるっていうやつ。そのゲームが画期的に進歩してて、ヘッドギアとグローブ(パワーグローブ?)を装着し、本当にバーチャル空間の中に存在しているみたいな臨場感を得られるっていう設定なの。劇中の台詞によると「あのソフト動かすには、まあCPUは3THz(テラヘルツ)、メモリーは512GB、HDDは120TB(テラバイト)はないとな、まあ、安くても50~60万はかかるな」とか。舞台は「2015年・東京」らしいけど、そこまでパソコンのスペックは拡大するんだろうか。なお、女子のキャラデータと「島」や「家」などのパッケージは別売りで、個別に買い足さなければいけない。「女子キャラはプレーヤーにデフォルトで好意持ちまくり」というギャルゲのお約束と、「女子キャラに触ったりするのにも本物みたいな触感を得られる」設定で今後エロ方面に向かう、と見せかけてきっと純情漫画なんだろうな。期待~

追記1:「今のゲームは昔と全然違うんだぜ。スゲエAIエンジンが開発されてよ、生きてんだよ本当に」とのことで、確かにキャラクターたちは泣いたり笑ったりうんこしたり(!)と実に人間くさい。そんなキャラ(素体)パッケージ1体のお値段は、本作のヒロイン・TUKIKO(下着つき)で特価13万8000円!高い!仮想現実な世界でハーレムを作りたいなら本当にお金持ちでないとだ。

追記2:こんなシステムが開発されたなら、リアル(な気分)でガンダムに触ってみたい!「わぁ・・・意外とゴツゴツしてる・・・たくましいんだ?」とか「ここのとこ、こんなにあったかい・・・」とか「もうこんなになっちゃってるよ」とか(←?)。むしろモビルスーツ相手のギャルゲでいいや。「まるで本物に乗っているみたいな連ジ・エウティタ」が実現しても、すぐ撃墜されて精神衛生上良くなさそうだし。寿命縮むかも。

新番組SDガンダムフォース、12月15日にホームページ正式オープン!
サンライズエンタ リニューアル
もしファミコン全盛期から2chがあったら…

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の日記

カテゴリー

プロフィール

miyuki

ミユキ

「ほこたてつうしん」 は、任天堂とガンダムをこよなく愛するミユキの日記、だったのですが、さいきん山歩きと少女マンガのことが多いかもです。スヌーピー、ギズモ、クルテク、チェブラーシカ、犬や猫と遊ぶことも大好き。日記のタイトルはそのとき聴いていた音楽や読んでいた本から取っていて、本文とは無関係だったりします。メールはこちらまでお願いします。

RSSフィード

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。